ボリンジャーバンドで攻略・・・ボリンジャーバンドとは、統計学を利用して移動平均線の上下に線を表示させた指標です。

ボリンジャーバンドを利用してバイナリーの攻略を考えます。

まず、ボリンジャーバンドを使用してバイナリーでエントリーする場合は、ボリンジャーバンドの幅調整を行います。一般的に標準では画面にボリンジャーバンドを設定すると上限設定が+2σ、下限設定が-2σ で表示されるかと思います。この設定を上限設定+3σ 下限設定-3σ に変更します。

上記のチャートは1分足のローソクチャート画面です。私が利用しているチャート画面では複数のボリンジャーバンドが同一画面に出せるので上記のように表示され、とても便利です。画像のボリンジャーバンドは上下2本づつありますが、外回りのボリンジャーバンドが+-3σで内回りが+-2σとなっています。

一般的に+-3σを抜けたら逆張りでエントリーと言われていますが、エントリー時間によっては負けてしまうことも考えられますね。

赤マルで印した箇所がエントリーポイントとして考えられる場所となりますが、1分で逆張りエントリーをしていたら結果はどうだったでしょうか?特に真ん中の赤○部分では最初の下ヒゲで逆張りエントリー1分でポジションを持っていたら100%負けていますね。しかし、どれも5分でエントリーしていたら如何でしょうか?恐らく全ポジション勝ちで勝利していると思います。

ボリンジャーバンド+-3σで逆張りエントリー時の勝利率は約97%を言っていた方がいますが、実際にはそんなことはありません。上記のチャート画面では結果的に5分でエントリーしていれば全勝利となった可能性が高いですが、バイナリーではエントリーするタイミングと時間が非常に大事です。相場はどこまで上がるのか?下がるのか?答えは誰もわからないのですから。

ハイローオーストラリア口座開設はこちらから

Japanese all-rounder

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です