MACDで攻略・・・MACDとは2本の移動平均線を使って、トレンドの方向性を測る指標です。

エントリーポイント

MACDを利用してバイナリーの攻略を考えます。

MACDとは2本の移動平均線を使って、トレンドの方向性を測る指標となります。MCADの移動平均線は普通の移動平均線ではなく、指数平滑移動平均(EMA)から算出されています。この指数平滑移動平均(EMA)は普通の移動平均線と比較した場合、過去の価格よりも現在の価格を重視した移動平均線です。

下記のチャート図の下側に表示されているのがMACDとなります。図の赤ラインがMACDライン、青ラインがシグナルラインとなり、真ん中の水平線が0ラインとなります。このMACDでは移動平均線と同様に、ゴールデンクロス及びデットクロスでの売買タイミングを見ることができます。図に記載した通り、青○ゴールデンクロス黄○デットクロスの場所となります。

MACD攻略

バイナリーでMACDを利用しエントリーポイントを探す場合に注意したいことは、クロスしたからといってエントリーしてしまうと負けてしまう可能性が高いと言うポイントです。

もっとも注意したいポイントは、クロスする際のラインの角度です。これは、角度があまりない場合は「だまし」に引っかかってしまう可能性があるからです。

ラインの角度が緩やかな場合は、例えクロスしてもエントリーは控えた方が良いと判断出来ます。ラインの傾きがない場合にはラインがクロスしたからと言っても、ゴールデンクロス/デットクロスは、うまく機能しないので信頼性が低いと判断して下さい。

エントリーポイント

こちらが、1枚目の写真に記載してある赤○のエントリーポイントでエントリーした結果です。そうです。私はクロスしていないのにエントリーしています。私がエントリーした基準のポイントはMACDラインとシグナルラインの幅の広さを利用して、私なりに考えエントリーしました。

今日の収支・・・ +5.1万円

ハイローオーストラリア口座開設はこちらから

Japanese all-rounder

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です