ビットコインの魅力と課題

ビットコインの魅力
ビットコインは誰がつくった?

ビットコインは、2008年10月に「中本哲史」と名乗る人物がネット上に投稿した論文によって、提唱されました。その後の2009年1月には、ビットコインの理論を実現する為のソフトウェアがオープンソースで開発され公開されました。それからすぐに、ビットコインの最初の取引が行われています。昔は1ビットコイン=1円だったんですよね。ビットコインで最初に取引された現物取引は、たったのピザ2枚と言われています。

ビットコインの課題

ビットコインの取引は、相手もビットコイン口座を保有していることが前提となります。リアル通貨の円やドルと違って、まだまだ普及の初期段階にあるビットコインにとって、これは非常に大きな課題です。

ビットコインの魅力

ビットコインはマイニング(採掘)と言われている方法で新規のビットコインが発行されています。日本円は、日銀総裁が金融緩和をすることによって「お金を刷ります」と言えば、世の中に出回る日本円の量は増えて行くことは理解して頂けるかと思いますが、ビットコインのマイニング(採掘)とは、ビットコイン取引の取引台帳や追記取引データなどの計算を助けてくれているコンピューターを保持している方達によってマイニングが日夜行われ、そのおかげで今日もビットコインの安全性が保たれています。この理由から、「暗号式通貨」とも呼ばれています。

ビットコインの発行総枚数は2140年までに2100万ビットコインとされていて、それ以降は新規に発行されることがありません。また、ビットコインが増えていく為には、マイニングが必要になりますので急激に増えて価値がなくなる心配もありません。ビットコインの利用者が増えれば、計算量も増加する為、理にかなった方法で増加しています。

ビットコイン口座の管理

ビットコインには、中央銀行のような組織が存在しません。それは、ビットコインが国家や企業が運営している仮想通貨では無く、発行や流通にも関与していない通貨だからです。リアル通貨にも交換することができるのに、本当に不思議な通貨ですね!!ビットコイン口座の管理は、送金したり取引する場所である取引所と言われているところで、私たちの口座は安全に管理されています。

ハイローオーストラリア口座開設はこちらから

Japanese all-rounder

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です