バイナリーオプションでのマーチンゲール法について

バイナリーオプションでのマーチンゲール法について

バイナリ―オプションは、そのトレード手法の分かりやすさから、初心者でも気軽に始められる投資です。
株やFXと異なり、バイナリ―オプションは、あるタイミングでの為替レートが、現在の為替レートと比べHighかLowかを予測するだけなので、とてもシンプルなのです。
さらに、取引時間が短時間なので、短期間のうちに利益を上げられる可能性を秘めており、そうした点でも非常に魅力的な投資方法となっています。
そんなバイナリ―オプションですが、ネットでよく「バイナリ―オプションは、マーチンゲール法という投資方法で勝てる」といった謳い文句を目にします。
しかし、私はバイナリ―オプションにおいて、マーチンゲール法をメインの投資方法としてやっていくのは、非常にリスクが高いと思うのです。
そこで、今回は私がマーチンゲール法をリスクの高い投資方法だと考える理由を説明します。
【マーチンゲール法とは?】
マーチンゲール法は、賭け金を、当たるまで倍にして賭け続けるという投資方法です。といってもよく分からない方もいると思うので、バイナリ―オプションで最も人気のある取引であるHigh or Lowを例に見ていきます。
ある時点での為替レートを予測するHigh or Lowですが、まず10000円を投資したとします。ここで予測が外れた場合、投資した10000円は失われます。
マーチンゲール法の場合、ここで、直前に投資した金額の2倍にあたる金額を次に投資するのです。つまり、次に投資する金額は20000円です。この20000円も失われてしまったら、その次は40000円・・・というように予測が当たるまで繰り返していくのです。
そして、もし40000円を投資した時に予測が当たり勝つことができれば、ペイアウト倍率が2倍(ハイローオーストラリアなど)の場合80000円が払い戻されるので、全トレードの損益を合計すれば、10000円のプラスとなって、無事利益を得られたということになります。

【マーチンゲール法の問題点について】

ここまで、マーチンゲール法で利益を得た例について説明しました。
しかし、この一見簡単に勝てそうなマーチンゲール法には問題点があります。
それは、マーチンゲール法の手法そのものについてです。
マーチンゲール法は、バイナリ―オプションにおいて為替レートの予測が当たるまで投資金額を倍にし続けるのですが、当たるまで倍の金額を投資すると言っても限界があります。
もし、7回連続で予測が外れてしまい8回目に挑戦するとしたら、先ほどの例では1280000円も必要になるのです。
もちろん、1度目に投資する金額をもっと安くすればよいのですが、もしそうだとしても負け続ければ、一度にかなりの金額を投資しなければならなくなります。
これは、非常にリスクがあると思うのです。マーチンゲール法で最終的に勝つことができればよいのですが、もし投資資金内で予測を当てることができなかったら、投資金を失ってしまうのです。
さらに、もし最後に勝ったとしても、利益となる金額はたいしたものではありません。あれだけリスクのある金額を投資しておきながら、リターンが少ないとあればこの投資方法は良いものだとはいえないでしょう。
バイナリ―オプションでの投資方法で、毎度こんなことをしていては、ものすごいストレスに曝され続けるだけでなく、投資金を失う大きなリスクを常に背負うのです。
バイナリ―オプションに限らず、投資では、生き残っていくことが非常に重要なので、こうした投資方法を採用するのは賢明ではないと思います。

【まとめ】

ここまでお伝えしたように、バイナリ―オプションにおける、マーチンゲール法の採用は、非常にリスクの高いものです。
よって、この投資方法をメインとしてやっていくのはやめた方が良いと思います。

ハイローオーストラリア口座開設はこちらから

Japanese all-rounder

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です