スキャルピングとの相性が良かったバイナリーオプションの短期取引

スキャルピングとの相性が良かったバイナリーオプションの短期取引

○今までのスキャルピング手法がそのまま使えた
国内バイナリーオプション業者では規制のために短期取引が出来ないですが、海外業者は国内の規制は関係ないため60秒などの短期取引が出来ます。
このバイナリーオプションの短期取引はFXのスキャルピングとほぼ同じようなエントリーができますね。
スキャルピングにはトレンド発生中の順張り、レンジ相場での逆張り、大きく上昇または下落した後のリバウンド狙いなど様々です。
このうち短期取引ではトレンド発生中の順張りとの相性が良かったです。
例えばチャートにトレンドラインを引き上昇トレンド発生中の場合は下値支持線でハイ、下落トレンド発生中の場合は上値抵抗線でローをすると言った手法です。
しかしレンジ相場での逆張りやリバウンド狙いでは相性が悪く、損失ばかりとなってしまいました。
通常のハイローでは海外業者によっては転売が出来ますが、短期取引は転売が出来ないと言うのも相性の悪さに繋がっているようです。
トレンド発生中ならエントリー直後は予測と外れた値動きをしても、60秒待っている間に予測通りの値動きに戻ることが多かったです。

○相場の動きが激しいときも取引しやすい
FXではIFD注文やOCO注文、IFO注文など複数の注文方法を組み合わせたものがあります。
しかし相場の動きが激しいときのスキャルピングでは間に合わないことがありました。
そんなときでも短期取引ならハイまたはローのボタンを押すだけ、相場の動きが激しいときでも取引しやすいのが良いですね。

ハイローオーストラリア口座開設はこちらから

Japanese all-rounder

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です