バイナリーでリスク回避を考えてみる。ハイローオーストラリア

バイナリーリスク
バイナリーでリスク回避を考えてみる。

今日は、バイナリー取引でのリスク回避を考えてみることにしましょう。日頃、バイナリートレードをしていると負けることは当然、誰でもあると思います。そして、その負けたことを改めて考えてみると、自分の苦手なパターンや負ける時の癖などが見えてくるようになります。そのパターンや癖は人によって異なってきますし、また勝ちパターンや勝てる時の癖も把握出来るようになります。

これを回避する為に機械的に物事を考えられるよう、様々なインディケーターなどを駆使してシグナルを参考にエントリーすればバイナリーは勝てるのではないか?と、バイナリーを初めた方などが、まず最初に考え市販されているシグナルソフトなどの購入を検討されてしまうのが目に浮かぶようです。ですが、その選択は私は間違っていると思います。何故ならば、人の感情を除外したシグナルなどを利用した所で、そのシグナルには計算式パターンがソフトに組み込まれているに過ぎないからです。

前にも書きましたが、チャートを動かしているのは大衆心理だと言われています。人の心理を計算出来てしまう計算式などは存在しない為、シグナルを利用した所で勝てるハズが無いのです。ただ、どんなソフトやシグナルを使っても負ける確率が100%と言う物も存在しないでしょう。それは、バイナリートレードが二者択一方式だからです。だから偶には勝てるんだと思います。

バイナリーで勝ちたいのであれば、まず負けなないことです。貴方がトレードしていて毎回この時に負けてしまう・・・などの特徴が必ず誰でもあるハズなので、その部分を修正できればバイナリーで大損したりするリスクは回避出来るようになると言うことです。

バイナリー大損

そして上記の画像のような偶々の負けたことが引き金となって、せっかくコツコツ稼いだ利益が一瞬で飛んでしまうことも良くあるのでは?ないでしょうか??もし、上記のポイントで逆張り連打で値を追いかけてしまう・・・なんてことをしてしまった場合、資金は0円になってしまう可能性も大いに考えられる訳です。

バイナリートレードで負けるリスクが高いのは、まず連打です。連打は決まれば爽快であることは理解出来ますが、その反面負ければ全損してしまうリスクがある為、非常にハイリスクな行為だと思います。それ以外には、やっぱり逆張り追いかけです。良くあるパターンですが自分では順張りしているつもりが値を追い過ぎた為に、いつの間にか逆張りになっていて気づいた時には大損している為、引くに引けなくなってしまっているので、更にそのまま逆張りで値を追いかけてしまった結果、大損又は資金0円してしまうパターンです。要するにコツコツドカーンと言うことですね。

ただ、リスクを回避してばかりで勝てるのか?と言われますと、やはりそんなこともありません。必ずどこかで勝負をしなければいけないポイントもトレードしていれば出てくるでしょう。私が書きたかったのは、サッカーで例えれば攻撃ばかりしてても駄目ですよね?と言うことです。しっかりとした守備(リスク回避)があるからこその攻撃だ!と言うことを伝えたかったのです。

 

ハイローオーストラリア口座開設はこちらから

Japanese all-rounder

5 件のコメント

  • 管理者様、ありがとうございました。
    問題なく無事開設できました。
    大変図々しいお願いなのですが、初歩の初歩でいいので、バイナリーのやり方みたいなものを教えて頂きたいのですが、お願いできますでしょうか。こういう事といいますか、、株やFXみたい事を初めてやるもので、、、。
    どうぞ宜しくお願い致します。

    • ご連絡ありがとうございます。当方のブログ経由で口座開設された方には、無料にて簡単なトレード手法や説明を行っています。
      内容は非常に簡単ですが、それで実際に収益を上げられている方も現時点では数名いらっしゃいます。また、バイナリーに関して、ご不明な点や悩み等ありましたら
      いつでも相談無料なので遠慮なく連絡下さい。取り急ぎ個別にて、再度連絡させて頂きます。

      • 管理者様、ありがとうございます。
        どこに連絡すればよろしいでしょうか、
        どうぞ宜しくお願い致します。

  • 管理人様、ハイローの口座はすでに持っていているのですがバイナリーについていろいろお聞きしたいです!

    • こんばんは。ご連絡遅くなり申し訳ございませんでした。
      ご質問があるとのことですが、回答出来る範囲でお答えいたします。
      宜しくお願いします。

  • 管理人 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です