バイナリーと温泉と湯あたりを考えてみる。

温泉
バイナリーと温泉

昨日は日中で目標金額を達成した為、午後から行きつけの天然温泉へ友人と行ってきました。平日の昼間なんで・・・お客様の中心は、地元のお爺ちゃんが中心となっていました。外の気温も涼しくて露天風呂入るには「最高!」の気温環境です。

お昼御飯は食べずに入浴後に食事をすると言う予定で向かったのですが、時間も14時過ぎとなってしまい、お腹もグーグーと鳴り出してしまい空腹の状態で温泉に入りました。私は温泉が好きなので良く友人達と行くんですが、温泉によって強い源泉と弱い源泉があるようです。例えば、硫黄州がキツイところや塩分濃度が高い所などは強い源泉なのかも知れません。

逆に無味無臭であれば、弱い源泉なのかも知れませんが長時間の入浴を考えた場合は、弱い源泉の方が好ましいかと思います。私は長時間の入浴をするのが好きなので、結構長い時間入浴しています。自宅のお風呂でも、時間があれば2時間くらいは入浴しています。頻繁に天然温泉に行っている為か、お肌の状態はすこぶる調子が良好です。男なんですがね・・・。

その行きつけの温泉は、かなり強烈な塩分濃度が強い温泉です。その源泉かけ流しの露天風呂には、注意事項として「5分以上の入浴は、湯あたりの可能性があるので控えて下さい。」と張り紙があるくらいです。そんな強い源泉なのに、連続で1時間半も入浴してしまいました・・・。そりゃ、体調も悪くなりますよねー。

頭痛

          温泉に入ったら頭痛?

気持ち良いハズの温泉が、どんどん時間が経過していくにつれて気持ちが悪くなってしまい空腹の状態で入浴したこともあって、体はダルくなるし頭痛はするしと最悪の体調に仕上がってしまいました。この症状は、まさに「湯あたり」です!

皆さんも、温泉に行かれる場合は気をつけて下さい。せっかく来たからといって長時間入浴してしまった場合、最悪このように「湯あたり」する可能性もあります。あまり長い時間は入浴せず、そこそこの時間の入浴を繰り返した入浴方法の方が体には良いかと思います。それと、水分補給は忘れずに!!

ハイローオーストラリア口座開設はこちらから

Japanese all-rounder

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です