バイナリーオプション取引から少し距離を置いて感じたこと

冷静な
やっぱりバイナリー取引は最高だな・・・と。

ここ数ヶ月バイナリーオプション取引から距離を置いていた私・・・理由を知りたいかたは過去の記事を読んで下さいね!ここ数ヶ月間は為替の動向を気が向いたらチェックするくらいで、キャッシュバックを頂くまでは本当に取引をしていませんでした。

今年の夏に突然のルール変更があったことも重なって、今回このようなバイナリーから離れてみる時間が取れたことは自分にとって本当に良かったな!と思っています。世間では、バイナリーオプションのことを「ギャンブルだ!」と思っている方も少なくないことでしょう。しかし、私も含めてバイナリーは「投資だ!」と思っている人も多いのかも知れません。まあ、上手く言わせてもらうならバイナリーオプションは「ギャンブル性が高い投資」だと思えば良いのかも知れませんね。

アットザマネーの変更(改悪)前までは、ハイローオーストラリアを利用してバイナリー取引を行っていた場合、簡単に説明すれば「勝ち」「引き分け」「負け」の3種類が取引において存在していましたが、変更後には「勝ち」「負け」の2種類となってしまった訳です・・・。よって、変更前までは3分の2が負けない取引だったと言うことになりますね!!それが、今はどうでしょうか?3分の2が負ける訳です。そりゃ当然、今までと同じ取引をしていれば負けが増える訳ですよね~。

      アットザマネーの変更で、お金が・・・。

ただ、元々この条件に合致しない取引も存在していたことも事実です。今回のルール変更は、ノースプレッド取引をしていた方だけが影響を受けただけであり最初からスプレッド取引(2倍取引)をやっていた方には、デメリットは無かった訳です。良く言えば、キャンペーン期間も存在していたのでスプレッド取引をしていた方は勝ちやすくなったと言ってよいでしょう!

しかし今こうしてバイナリーから距離を置いて冷静に考えてみるとルール変更(改悪)はあったものの、自分の考え方を変えれば2分の1だと思えるようになることに気が付いた訳です。きっと、これからバイナリーオプションを始める方も2分の1の確率だと思うことでしょう!要するに、引き分けなんて無かった・・・そう思えば良いだけのことです。

私の知る限り、今の日本国内で出来るギャンブルを探しても2分の1で勝てるギャンブルは存在しないと思います。庶民の娯楽であるパチンコ・パチスロだって平均すると300分の1くらいの確率でしょうか?まあ連荘すれば確率も上がるのでしょうが、それでも100分の1くらいまでが限界なのでしょう。公共ギャンブルで考えても、一番確率の良い競艇の3連単ですら120分の1の確率ですね!

投資の世界では、上がるか下がるかのどちらかしか存在しません。要するに二者択一方式な訳です。株・為替・バイナリー・先物・仮想通貨・これらは全て二者択一方式な訳です。もし、このブログを読んでギャンブルで勝ちたい!!と思っている方がいるのであれば、確率の良い「投資」を勉強するのも悪くないのでは?無いのでしょうか??

私は以前、バイナリーのデモ取引「いったいどれくらいまで稼げるだろうか?」と思いMAXレートまで上げてデモトレードしたことがありますが、この時は4時間でナント!「1000万」を超えました。まあデモ取引だから成し得たことなんですけどね・・・。

バイナリーから距離を置いて、どうすれば新ルールで勝てるのか?と冷静に考えてみた結果、その勝つ為の秘訣は「取引回数を減らすこと」に勝機がある!と感じました。

ハイローオーストラリア口座開設はこちらから

Japanese all-rounder

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です